広がる留学のかたち

留学といっても幾つか種類があります。

高校留学、大学留学、学校間のサマープログラムなどを利用した提携留学、シニア留学や週末を利用したプチ留学、親子留学は若いお母さんが幼児を連れて出かけるタイプの留学です。
※各留学について詳しくはWISH(ウィッシュ)をご覧ください。

語学留学、正規の現地校への編入、専門学校や、体験クラスを利用したものなど、選択肢は無限大です。

留学のハードルは低く、私立高校などでは修学旅行がプチ留学のような形態になっているところも少なくありません。

海外で学校を出るということは、その国で仕事を得るチャンスを得るということでもあります。

インターンシップなどを利用して、憧れの業界に海外で就職してしまう人もいます。

海外で生活をしてみたい、憧れの言語を話せるようになりたいというちいさい夢から、実際に海外で仕事を得て、永住するところまでチャンスをつなげていく人も少なくないのです。

国内で外国語を学んでいるよりは、数か月でも現地に行って、実際に生活をする中から、活きた知識を身に着けた方が強いのは言うまでもないことです。